医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■脊椎分離症・脊椎すべり症
 (せきついぶんりしょう・せきついすべりしょう)

 脊椎は前方の椎体と後方の突起部の2つからなっていますが、この両者の間の骨性の連絡が離れて、腰椎の構築上の不安定を生じて腰痛をおこす病気です。この分離はほとんどが下部腰椎に発生します。そして腰部椎間板ヘルニアとともに若者の腰痛の大きな原因の1つです。

【原因】

 この分離の原因には、先天性のものと外傷性のものがありますが、最近では、 小外傷が反復して加わった結果生じる疲労骨折が多くなっています。中・高校生ごろの運動選手が同一動作をくり返すことでおこることが少なくありません。

 分離が生じると、これに椎間板の変性が加わって、椎体が前方へすべり出すことがあります。これが「すべり症」で、20〜30歳ごろの男性に多くみられます。分離をとも なわないで、すべり症が発生することもあります。これを偽性すべり症といい、40歳 以上の女性に多く発生します。

【症状・診断】

 椎間板ヘルニアのような突発的な腰痛を経験することなく、慢性的な腰痛があり、これがスポーツ、中腰での作業、長時間の同一姿勢などを動機として増強し、この状態がくり返されるのが特徴です。分離症に特有の症状は特定されませんが、 腰痛、殿部痛、大腿部痛、分離椎体の圧痛などがあります。診断はエックス線写真で容易にできます。

【治療】

 日常生活に困難なほどの腰痛がつづく間は、分離部の安静の目的でコルセッ トを装着します。必要に応じて鎮痛消炎薬、筋弛緩薬の服用もよいでしょう。

 一般に分離症では、腰椎前弯の症状が強いことが多いので、正しい姿勢の指導や腰背筋、腹筋、股関節周囲筋を増強し、耐久力をつける訓練をつづけ、筋肉でコルセットの役目をはたせるようにします。しかし、仕事に支障があるほどの腰痛をくり返す人は、手術をして、固定するのがよいでしょう。

【予防】

 分離があっても無症状であったり、プロ野球の選手や力士のようにはげしい運動をつづけられる人もいるのです。これは腰部と、股関節周囲筋のバランスがとれているためでしょう。体操療法によって正しい姿勢を保ち、筋力を増強することは、分離症の予防にとって大切なことです。

腰が痛い(中年以降)
TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.