医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■脊椎披裂(せきついひれつ)

 椎体は前方の椎体と後方の突起部の2つからなっていますが、この後方の突起部は、発育の途中に左右から癒合します。ところが、完全に癒合せず開いているものがあり、これを脊椎披裂といいます。先天性の形態異常で腰仙部に多く発生します。

 この脊椎披裂は、披裂部分から髄膜や馬尾が膨隆して、下肢の麻痺や排尿障害を合併します。これらの合併症がなく、ほかの腰痛疾患におけるエックス線写真で偶然に披裂がわかるものを潜在性脊椎披裂といい、かなり多くみられます。しかし、これが腰痛の原因となるかどうかは疑問です。

【症状】

 脊椎披裂は、披裂部位がふくれあがったり、ときにはその部位に毛が生えてきたりします。また、進行性の歩行障害、足の変形や排尿障害が生ずることもありま す。

【治療】

 歩行障害、足の変形に対しての装具療法が行なわれます。特殊なものに限って、手術が行なわれることもあります。とくに症状のない潜在性脊椎披裂は放置しておいてもよいでしょう。

TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.