医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■ 頸部捻挫(けいぶねんざ)
 (むち打ち傷害(むちうちしょうがい))

 多彩な動きをもち、そして重たい頭を支えている頸部は、スポーツ外傷、転落事故、 交通事故などにより非常に損傷を受けやすい部位です。とくに交通事故の増加にともない、むち打ち傷害という言葉が一時広く使われ、1つの社会問題とされた時期もありました。

 むち打ち傷害とは、自動車などで追突されたり、衝突したりしたとき、重たい頭を支 え、柔らかく動く頸部が、まるでむちのような波状運動を強いられるところから名づけられました。これによって頸部の関節包、椎間板、 靱帯、筋肉、神経、血管などがなんらかの損傷を受けて、複雑な症状が現れます。しかし、これは外力の作用機転を表現するものであって、病気の本態を示すものではないので、最近では適切な病名がつけられないまま頸部捻挫ともいわれています。

【症状・診断】

 短時間の意識障害、頸部痛、頭痛、上肢のしびれ感、肩こり、めまい、 眼症状、耳鳴り、吐き気、ときには腰痛もみられます。そして、これらの症状は、受傷直後から出るものと、直後はとくに症状はないが、数時間から翌朝になって出るものがあります。また1週間くらいから症状が出て、直接事故と関係ある症状かどうか判断しにくいこともあります。一般に受傷直後のエックス線写真では、ほとんどむち打ち傷害に特有な変化をみないものです。

【治療】

 傷害の症状とその程度は非常に多彩で、とくに治療は100人一律とはいきません。

 そこで、いろいろな治療法が組み合わされ、その病期、症状の変化によってしだいに変えられるのです。受傷の瞬間に意識傷害があったり、上肢に痛みを覚えたりしたときには、その後に症状が現われる公算が大きく、頸部の安静と固定のために1〜2 週間の包帯固定が必要です。その後も症状がつづくならば、温熱療法、牽引療法、 筋弛緩薬の内服が開始されます。

●医師のかかり方

 この外傷を受けて病院へ運ばれたときに特別な症状がないからといって、安心できません。この傷害は、慢性化すると心因的な要素も含まれてくるため、非常に治りにくくなるものです。しかし、整形外科医の方針にしたがって治療し、 本傷害を正しく理解することです。

 そうすれば、後遺症はあまり心配いりません。

TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.