医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)

 後縦靱帯は、脊椎の後方に縦方向に走向している靱帯です。この靱帯が骨化して、さらに肥厚すると、脊柱管が狭くなり脊髄が圧迫されて、脊髄麻痺を発生することがあります。これが後縦靱帯骨化症です。40〜60歳代に好発し、頸椎部では男性に、胸腰椎部では女性に多く発症します。骨化の原因 は、現在のところ不明ですが、外傷の既往や糖尿病のある人に多いといわれていま す。

【症状・診断】

 エックス線写真で後縦靱帯骨化が認められても、自覚症状がまったくないものから、肩こり、上肢の自発痛、知覚障害、手指の運動障害、筋萎縮をみるもの、 下肢の運動障害、歩行障害、膀胱・直腸障害、腱反射亢進など重症なものまでありま す。骨化はエックス線写真でみつけられ、断層写真、CT(コンピュータ断層撮影)検査で脊柱管内の後縦靱帯骨化の占める割合がより明確にされます。

【治療】

 治療方針は、症状の程度、日常生活での障害、症状の進行程度などを考慮して決定されます。一般に頸椎牽引、鎮痛消炎薬・筋弛緩薬の内服、温熱療法などが行なわれますが、症状の進行がみられるときは、骨化による脊髄圧迫を除去し、進行を止める目的で脊柱管拡大術が行なわれます。しかし、症状があまり進行しすぎると手術の効果が期待できなくなります。

●生活上の注意

 後縦靱帯骨化が認められたなら、定期的な経過観察が必要です。 自覚症状がまったくなくとも、脊柱管内の後縦靱帯骨化の占める割合が高いものは、 転倒や交通事故などで急激に症状が悪化することがありますので、十分な注意が必要です。なお、この病気は特定疾患に指定されており、いろいろの制度が利用できま す。医師に相談してください。

中年以降の首の痛み
TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.