医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■化膿性骨髄炎(かのうせいこつずいえん)

 化膿菌が骨へ感染しておこるのが、化膿性骨髄炎です。骨は元来、皮膚や筋肉におおわれ、無菌です。この骨へ化膿菌が感染するには、(1)上気道炎、おでき、歯槽骨炎などの感染菌が血液によって運ばれ骨に定着するもの、(2)化膿した場所の近くの骨に化膿が波及するもの、(3)骨にまで達する傷口や開放骨折から感染するもの、 の3つの経路があります。

 このうち、(1)の血液により菌が運ばれて発生するものは、幼少年期に多く、大腿と 下腿の骨によく発生します。成人期にみられる骨髄炎の多くは、小児期に発生した骨髄炎の慢性化または再燃と、(2)(3)により発生するものです。

【症状・診断】

 急性期には、高熱と悪寒があり、局所では拍動性の激痛、熱感、腫脹、 発赤が著明です。四肢の場合、パンパンに腫れあがります。慢性期になると症状は軽くなりますが、しばしば再燃をくり返し、膿が流出する穴(瘻穴)ができます。

【治療】

 急性期には、局所を冷やし、副子固定で安静をはかるとともに、抗生物質が使用されます。早期に適切な治療を開始すれば治る病気です。

 しかし、抗生物質に抵抗する菌が多くなっているため、こじらすと化膿性関節炎に進 展して、関節が動かなくなったり、骨端成長軟骨板が破壊されたりして、やがて肢長の短縮や変形を生じることもあります。骨髄炎が慢性化して瘻穴をつくると、手術が必要になります。一般的に、骨髄炎は治療の困難なものが多く、治療にあたっては慎重を要します。

TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.