医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)

 15〜20歳代の女性に多くみられる病気で、膝の皿骨(膝蓋骨)の裏側にある軟骨が変性軟化し、進行すると軟骨に亀裂が生じて水疱状にふくれてきます。

【原因】

 力学的原因説がもっとも有力です。階段を上るときの膝蓋骨と大腿骨の間に加わる力は、平地歩行のときの7倍となること、しかも膝蓋軟骨は、関節軟骨のなかでももっとも厚いため、ジャンプのくり返しやランニングなどで、膝蓋軟骨にはげしい摩擦が加わって、軟骨表面に摩耗などの変化がもっとも早くおこりやすいからと、考えられています。

【症状】

 階段昇降時や、正座から立ち上がるときの瞬間的な痛み、膝がくずれる感じ、 膝蓋骨の圧迫時の痛み、膝蓋骨後面のじょりじょりした感じと、きしみ音などがおもな症状です。

【治療】

 まず安静、活動量の減少が必要で、ひざまずく、しゃがむなどの動作を禁じ、 階段昇降は膝をのばした形で一歩一歩進む注意が必要です。痛みが強いときは膝をのばした位置での包帯固定かギプス固定が効果的です。根本的な治療法がなく、完全に症状をとることはむずかしいのですが、痛みが強く、日常生活にも支障がある場合には、手術療法も行なわれます。

TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.