医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)

 わが国では比較的多い先天性疾患で、女性は男性の5倍と多く、片側脱臼と両側脱臼とがあります。股関節の天井(臼蓋)の発育不全によるものから、関節包や靱帯が弛緩伸長して、大腿骨頭が関節包の内部でわずかに脱臼(亜脱臼)しているものや、完全に脱臼しているものまであります。

【原因・予防】

 家族的発生があるため、根底には遺伝的素因があると考えられていま す。出産直前に母親の関節を弛緩させる女性ホルモンの分泌が亢進したために、胎盤を通じて胎児の関節や靱帯が弛緩し、脱臼しやすくなったところに出産前後の胎児の股関節の肢位という環境因子(骨盤分娩児、おむつのあて方)が加わって発症するとも考えられています。そこで、脱臼の予防には生後すぐに、股関節を自由に開けないようなおむつのあて方をせず、股を開いた位置でおむつをあてるように注意することが大切です。

【症状・診断】

 生後まもないころに、股の開きが悪いことと太もものしわが左右対称でないことが、先天性股関節脱臼を疑わせる大事な症状です。一般には乳児健診(3〜 6か月)で、これらの症状がみつけられ、エックス線写真で診断が確定されることが多いものです。

 先天性股関節脱臼のごく軽いものは、幼児期には、無症状のため気がつかずに放置され、思春期になってから、痛み、跛行(足をひきずるように不自然に歩くこと)、歩行時の疲れやすさなどを訴え、エックス線写真で発見されることもあります。この疾患の早期発見のためにも、乳児検診はかならず受けるべきです。

【治療】

 3か月以内の新生児で脱臼が発見された場合は、整復後、股関節を開いた位置に保持するための装具が使用されます。生後3か月以後は下肢の運動も活発になるので、リーメンビューゲルという装具を装着させて、 ある範囲の股関節の運動をさせながら、自然整復へと導きます。この装具を3〜6か月間装着することで、ほとんどが治癒します。このように先天性股関節脱臼は、早期発見、早期治療が鉄則なのです。

 自然整復されなかったものには、徒手整復術が行なわれ、ギプス固定が必要になります。しかし、どうしても整復できないものや、年齢の高いものは治療がむずかしく、 手術療法が行なわれることもあります。

●医師のかかり方

 脱臼が自然整復へと導かれたものでも、その後の経過中に骨頭が臼の中心に正しく保持されなくなって、歩行とともに骨頭がしだいに外側にずれてくるものや、歩行開始以後に治療を始めたものでは、たとえ整復に成功しても、その後の骨発育が順調に進まないこともあります。その結果、臼と骨頭との間の関節面の形状の不適合をきたし、10年、20年と経過すると、二次的に変形性股関節症を発症し、 いつも痛みや跛行に悩まなければならなくなります。したがって、先天性股関節脱臼 はひじょうに長く注意深い経過観察が必要です。

関節が痛い
TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.