医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■ 尖足(せんそく)

 足関節が足底のほうへ屈曲した位置に拘縮したものを尖足といいます。歩くとき、か かとを地面につけることができずに、足先で歩くような状態になります。この変形の原 因として、脳性小児麻痺や脳卒中などからくる下腿後面の筋肉のけいれん(痙直性尖足)や脊髄性小児麻痺でみられる下腿前面の筋肉の麻痺(麻痺性尖足)、長期にわたる病臥中の足の重みや掛け布団の圧迫(習慣性尖足)などがあります。また、片方の下肢が短いとき、それを補うために尖足になることもあります。

【治療】

 下肢が短いのを補うための尖足は、矯正治療してしまうと逆に不便にしてしまいます。その他の原因による尖足は、原疾患の治療に際して、足関節に副子固定を直角にあてて、発生を防ぎます。

 不幸にも尖足になってしまったものは、軽症ならばマッサージなどの矯正法で治りま すが、重症のものは手術療法が必要となります。

【予防】

 脳卒中で倒れたときや、長期に安静を保たなければならない病気の場合には、 正しい体位を保ち、関節拘縮や褥瘡の発生を予防するために体位の変換が必要となります。

 尖足予防には、副子や足板を用いて足首を直角に保つこと、布団の重さが足に加わらないように離被架(足を保護する器具)を用いること、そして可能なかぎりマッサージや足関節の自他動運動を行なうことが大切です。

TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.