医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■筋炎(きんえん)

 筋炎には化膿性筋炎、限局性骨化性筋炎、進行性骨化性筋炎、皮膚筋炎など、いろいろな種類があります。

 化膿性筋炎は、腸腰筋炎(腰椎から股関節部に走る筋肉)が代表的なもので、比較的多い病気です。限局性骨化性筋炎は、小児の肘関節周囲の骨折・ 脱臼後にその周囲の筋肉の一部が骨になってしまう病気です。また、頭部外傷や頸髄損傷後にも筋肉の骨化がみられます。骨化の原因はまだ明らかで はありません。進行性骨化性筋炎は、年少期に発病し、全身の筋肉の進行性骨化を特徴としますが、これも原因不明です。皮膚筋炎は膠原病の1つで、 まれな病気です。

【症状】

 化膿性筋炎は、突然、悪寒・高熱で始まり、腰痛を訴え、腰筋部や股関節の内側に圧痛があり、しだいに股関節は曲げたりのばしたりできなくなります。限局性骨化性筋炎は、外傷後2〜3週間で痛みと運動制限が現われ、 エックス線写真での筋肉の骨化がみられるようになります。進行性骨化性筋炎は、局所の熱感・痛み・圧痛・浮腫があり、そのうちに硬結が触れるようにな り、やがて骨化します。皮膚筋炎は、高熱・倦怠感・頭痛・食欲不振の全身症状に始まり、からだのさまざまな部位の筋肉の痛みと運動不能をおこし、皮膚にも発赤・紅斑をおこすまれな病気です。

【治療】

 化膿性筋炎は、強力に抗生物質を使用し、股関節が屈曲位にあるものは軽い持続牽引を行ない、すでに多量の膿をもつものは切開排膿を行ない ます。限局性骨化性筋炎は、骨化が完全に成熟したときに骨化部の摘出術が行なわれますが、再発に注意が必要です。進行性骨化性筋炎は、急性期には副腎皮質ステロイド薬が使われますが、その効果は不明です。小さな外傷でも骨化の進行を早めるので注意が必要です。皮膚筋炎には、副腎皮質ステロイド薬が有効で、関節拘縮に対しては装具療法が行なわれます。

TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.