医療相談室/病名

 
●医療相談室のトップへ
●医療相談室:症状から探す

●全身的な骨の病気
■骨粗鬆症
■関節リュウマチ

●脊椎の病気
■脊髄の良性腫瘍
■腰痛症
■腰部筋筋膜症
■腰部捻挫
■椎間板ヘルニア
■脊椎骨粗鬆症
■脊椎分離症・脊椎すべり症
■変形性脊椎症
■椎間関節症
■椎間板症
■腰部脊柱管狭窄症
■脊椎披裂
■特発性脊柱側弯症
■脊椎カリエス

●首と肩と腕の病気
■肩関節周囲炎
■頚部捻挫
■後縦靱帯骨化症
■頚椎症性頚髄症
■頸・肩・腕症候群
■寝ちがえ
■肩こり

●関節と骨端の病気
■変形性関節症
■大腿骨頭壊死
■化膿性骨髄炎
■単純性股関節炎
■ペルテス病
■膝蓋軟骨軟化症
■痛風
■オスグート・シュラター氏病

●骨と関節の外傷
■骨折
■捻挫・脱臼
■膝内障

●先天性の病気
■先天性股関節脱臼
■先天性筋性斜頚
■内反足
■扁平足
■尖足
■O脚・X脚
■合指症・多指症
■短指症

●肘と手の病気
■肘内障
■外反肘・内反肘
■テニス肘・野球肘
■ガングリオン
■手根管症候群
■デュピュイトレン拘縮
■キーンベック病

●筋と腱の病気
■腱鞘炎
■ばね指
■茎状突起炎
■滑液包炎
■キーパンチャー病
■筋炎
■腱の断裂
■アキレス腱周囲炎
■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎

●足ゆび、足爪の痛み
■外反母趾
■陥入爪
●スポーツ傷害
■野球肩

■テニス肘・野球肘
■肋骨骨折

■膝蓋腱炎
■腸脛靱帯炎
■肉離れ

■腱の断裂(けんのだんれつ)
 アキレス腱断裂・指の屈筋腱断裂


アキレス腱断裂

 この腱の断裂は、跳躍や走行中のスポーツ外傷として重要です。この腱の変性が始まる30歳以後に多発しますが、ちょっと足を踏みはずしたような比較的軽い外傷でも発生します。断裂するとプツンと音がして、痛みとともに爪先で立てなくなり、歩行が困難になります。そして断裂部分がへこみ、押すと痛みがあります。

 治療法は、このアキレス腱断裂が完全断裂か、部分的断裂か、またはげしい運動をする人かどうかで異なります。部分的断裂はギプス固定で治りますが、いいかげんな治療では、足の力が弱くなって爪先立ちができなくなることもあるので、完全断裂の場合や運動をする人にはアキレス腱の縫合術がすすめられます。杖なしで歩けるように なるまでには6〜8週間かかります。


指の屈筋腱断裂

 手のひら側での指や手のひらの切り傷と合併しておこります。この腱は、指先、指の 付け根、手のひらなど断裂部位によって治療法が異なり、とくに指の付け根の部分での断裂は、浅指屈筋腱と深指屈筋腱とが同時に断裂され、それぞれを縫合しても、 腱相互間の癒着がおこって、指の機能は回復しないことがあります。

 この場合の手術法は2つあります。1つは浅指屈筋腱を切除して深指屈筋腱のみを縫合する方法であり、もう1つは両方の腱を手のひらの中央から先を切除し、そこに腕のところからあまり必要でない腱を採取して、移植(腱移植術)する方法です。

 最近では手技の進歩により、この部分の両腱の断裂に対しても、それぞれの断端の縫合を積極的に行なって、よい成績をあげたという報告もあります。とにかく、腱の断裂は専門医で治療することが必要です。

TOP↑

  片山整形外科記念病院
copyright (c)2003, KATAYAMA Orthopedics Memorial Hospital allright reserved.